O脚改善で平均2cm、MAXで3cmくらいまで身長を伸ばす方法

「O脚は姿勢が悪くなるだけでなく、身長まで縮めてしまう」という事実はご存じでしょうか。

 

骨が伸びるタイミングは一生のうち限定しています。

 

けれども、O脚など足の変形や、ゆがんだ姿勢などでも背は縮んでしまうのです。

 

その背が縮むメカニズムは後で延べますが、それが改善可能なら身長は今現在より2〜3cmほど伸ばす事も夢ではないのです。

 

正しくは「O脚で縮まった身長が、通例の身長に戻る」ですが、傍目から見れば身長が伸びていることには相違ないのです。

 

毎日の生活でのクセを直すだけでも、O脚は徐々に改善されていきます。

 

今日からやれる範囲で挑戦しましょう。

 

ストレッチや毎日の習性で改善可能なO脚は、断っておきますが姿勢が悪いため、骨盤が歪む事が原因によるものに限ります。

 

骨の病などで大腿骨などが変形したO脚は成果が薄いので、改善するためには絶対に病院にかかるようにしてください。

 

骨の病などのO脚の改善には、手術などが不可欠な時があります。

 

 

O脚改善で身長が伸びる理由

足の骨格は、大きな3本の長い骨(大腿骨と脛骨+腓骨)と関節、足首から下の骨で形成されています。

 

骨盤の歪み、筋力不足などで、内股の関節や大腿骨と脛骨の関節などが開いてしまう事がO脚の原因です。

 

いわば、棒を斜めにして立てたようなもの。

 

斜めの棒をまっすぐに立てるだけで、高くなる事は想像しやすいと考えます。

 

O脚とは「骨が斜めに立っている状況」と思い描くと、対処はしやすくなります。

 

なぜ、通例はまっすぐのはずの骨が、斜めに立ってしまうのでしょうか。

 

通例、人体は前後左右のバランスは巧みに取られ、中心に芯ができます。

 

けれども斜め座り、片方の肩にばかり荷物をかけるなどの暮らしの習性、運動不足による筋肉量の衰え、骨盤の歪み、歯の噛み合わせなどによるバランスの偏りなどで、足の関節のゆがみがどんどんひどくなります。

 

なにがO脚のきっかけなのか、それを自覚する事で改善する事はできるです。

 

本当は、子供のころはみんなO脚です。

 

足がまだ未発達の幼児のころは、必然的に体の焦点が取りづらくO脚やX脚になりやすいのです。

 

ただし年齢を重ねる事で中心線が定まり、5〜6歳ごろには自然に改善していきます。

 

 

O脚か如何にかの判定手法

O脚であるかどうかは、全身鏡があればすぐに確認できます。

 

鏡の前に直立し、両足のかかとを付けます。

 

足の関節が隙間なく付かないケースはO脚とされています。

 

けれどもこれは、そこそこ痩せた方でないと判別が付きづらいかもしれません。

 

どんな体型の方でも理解いただけやすい手法では、「ひざを曲げて確認する方法」もあります。

 

最初に、こぶし1つ分だけ足を広げて直立します。

 

両足の人差し指と中指を15度くらい広げ、デフォルトまっすぐひざを落とします。

 

万が一、問題なければ真正面から見ると、ひざがまっすぐ下ります。

 

ガニ股になればO脚です。
(内股になればX脚)

 

足指の開きの角度にちょっとしたコツがいりますが、これならより客観的に判定できます。

 

スニーカーやヒールのない靴をよく履く方なら、靴のすり減り方を見てもO脚の決断ができます。

 

いつも、靴の底は均等にすり減っていきますが、O脚だと靴の外側に多くの負荷がかかります。

 

それにより、靴の外側がヤスリをかけたように斜めにすり減ってしまいます。

 

外側がすり減った靴を履き続けると、ますますO脚が悪化しかねません。

 

こうしたすり減り方をしたら、ストレッチや暮らし習性を再考してO脚改善につとめましょう。

 

 

O脚を治す10の成果的な手法

O脚を治すのに成果的な以下の10のメソッドについて詳細に解説していきます。

 

・O脚矯正ストレッチ
・分娩
・骨盤を歪ませる暮らしの改善
・体の冷え
・骨盤底筋ストレッチ
・O脚を治すバレエ立ち
・O脚を治す歩き方
・整体やマッサージで関節を普通の位置に戻してもらう
・座り方に気を遣う(正座)
・内ももを鍛える

 

O脚矯正ストレッチ

O脚やX脚は、股の関節が開く事が直接のきっかけです。

 

股が開く事で足のバランスが崩れ、立て直すために無理矢理支えた結果がO脚やX脚です。

 

O脚矯正ストレッチは多彩なメソッドがありますが、股関節が開く事が諸悪の根元。

 

初めに、股関節を締めるストレッチでおおもとの原因を断つのが大事です。

 

なぜ股関節が開いてしまうのでしょうか。

 

それは骨盤が開いてしまうのがきっかけの一つ。

 

そもそも、なぜ骨盤が開いてしまうのでしょうか。

 

分娩したため骨盤が開く

これは正常な生理運動で、女子の骨盤は分娩を促すために開きやすい作りをしています。

 

けれども、たとえ分娩しても普通なら1ヶ月ほど経てば、水準を満たすまでは締まります。

 

骨盤矯正ベルトなどでびしっとケアしているなら尚更改善するはず。

 

ただし、実のところは分娩経験がない女も、O脚で悩んでいます。

 

骨盤を歪ませる暮らしをしている

例を挙げると「肩掛けかばんを、片側の肩にばかりかけている」「足組みがクセ」「気づいたら、斜め座りばかりしている」という暮らしをしていると、骨盤はどんどん歪み、ゆるんでしまいます。

 

懐妊中は斜め座りは極力避けるよう指導する助産師もいるほどで、とてもリスクがあります。

 

カバンは左右どっちの肩にも同じだけの時間をかける、斜め座りや足組みが改善できないなら、同じだけの時間逆の方向に座る(足を組み替える)ように勤めましょう。

 

逆の足をこしらえると、驚くほど堅い事に気づくでしょう。

 

体の冷えで骨盤が開く

骨盤を保護する筋肉は諸々ありますが、特に肝心と言われるのは骨盤の底をサポートする筋肉です。

 

その実、この筋肉に意識を集中させると冷えが改善します。

 

やり方は手軽で、股関節を意識したり、お尻をキュっと締めるだけ。

 

はじめは全く力が入らない事も多々あるですが、骨盤底筋を鍛える事で股関節は普通の位置に戻り、冷え改善とO脚改善の双方が体感できます。

 

それ故、骨盤底筋を鍛えるストレッチを行いましょう。

 

骨盤底筋ストレッチで開いた骨盤を改善

背もたれのある椅子に座り、腰と背中を背もたれに当てて深く腰掛けましょう。

 

椅子がない際は、仰向けに寝転がり、両膝を立てて軽く曲げます。

 

肩の力を抜き、12〜14秒ほど陰部全てをじんわり締め上げます。

 

可能な限り、陰部にだけ力を集中させましょう。

 

腰やお腹などに力が入らないように気をつけます。

 

その後は46〜48秒ほど息抜きして、1セット完了です。

 

これを10セット連続で行います。

 

ヨガを行っても、同じ影響が見込めます。

 

なんとなく格好が付かないとやる気が沸かない方には、ヨガがお勧めです。

 

O脚を治すバレエ立ちの影響

O脚のきっかけは、股関節が開いてしまう事。

 

バレエ立ちをすると内股が鍛えられ、股関節の過剰な開きを改善する影響が見込めます。

 

バレエは内ももの筋肉、内転筋を鍛えます。

 

この筋肉は内ももから股関節に伸びる筋肉で、二足歩行を支持する大事な筋肉のひとつ。

 

これが緩むと股関節も開いてしまい、O脚のきっかけになります。

 

けれども、意識して使わないと鍛えにくい筋肉でもあります。

 

何とぞバレエ立ちを覚えてO脚改善に努めましょう。

 

バレエ立ちとは、バレエの基礎姿勢で、最初にこれが出来なければバレエが成り立たないほど必須なもの。

 

第1立場から第5立場までありますが、O脚改善ならすべて行わなくても問題ないのです。

 

もっとも基礎的な第1立場、バレエの開始出来や終わりの魅せ場に欠かせない第5立場が、最もO脚に影響的と言われています。

 

第1立場は、まっすぐ立って両足のかかとをセット、つま先をできるだけ外に広げます。

 

バレエダンサーは180度開脚できますが、当然そこまで極端に広げなくても問題なし。

 

自分にできる範囲で広げましょう。

 

足の裏は、かかと、親指の付け根のふくらみ(母趾球)、小指の付け根のふくらみ(小趾球)の3点に、均等に力が必要になるようにすり合わせします。

 

足の甲をちょっと持ち上げるように心がけると、成果が上がります。

 

第5立場とは、バレエのはじめの終わりに行う動作で、足を左右交互に水平にします。

 

いきなり水平にするのは大変ですが、前足のかかとを、後ろ足のつま先に付けると同じ良い影響が得られます。

 

後ろ足に軸を置き、前足は添えるだけ。

 

かなり敷居が高い立ち方なので、支えを持ちながら行いましょう。

 

可能なら、足のつま先と同じ方向にひざを曲げて、屈伸を行いましょう。

 

内ももが強く鍛えられ、O脚改善影響が高まります。

 

ひざを曲げる向きが狂うとひざを痛めるので、絶対に全身鏡を見ながら行いましょう。

 

O脚を治す歩き方

O脚を改善する歩き方というのは、いわゆる「姿勢良く、さっそうと歩く姿」です。

 

骨盤底筋を意識し、内股は充分に締める事を意識します。

 

背中はぴんと立て、わずかに前に傾けます。

 

後ろ足は、親指の付け根あたりで真後ろに力を入れます。

 

前足は、わずかだけひざを高く持ち上げ、足の裏全部(足の指先、指の付け根、かかとの3点)で着地します。

 

ひざはわずかに緩めるのが極意。

 

ひざをまっすぐに伸ばして歩くと、ひざを痛めるきっかけになります。

 

ただし、その実この「足裏のすべてで着地」ができない方が想像以上に多いのです。

 

よくあるのは「足の指を使わず、指の付け根とかかとだけで歩く」パターン。

 

靴ばかり履く現代人が陥りやすく、現代病と呼ぶ人もいます。

 

裸足でデコボコの道を歩くと理解いただけますが、足の指で地面を掴むようにして歩くのが、正しい歩行です。

 

足の指で地面を掴む事で安定感が増し、足裏の負担が減ります。

 

それ故、裸足で屋外でも活動する地域の人々は足指が大いによく発達し、足裏のアーチも発達しています。

 

靴を履くと足の裏が地面から守られるため、足指に力を入れなくても歩く事はできます。

 

ただし不安定な歩行になり、そのバランスを取るために関節が変な方向に動いてしまいます。

 

これがO脚やX脚のきっかけになります。

 

最初に、足指を使用する訓練から開始出来ましょう。

 

地面に落としたハンドタオルを足で摘んで取る訓練は、足指を鍛える訓練になります。

 

お行儀が悪い動作なので、なるべく人に見られないようにしましょう。

 

かかとから落とす歩き方は、有酸素運動のウォーキングでは有効です。

 

ただし、有酸素運動のウォーキングは断っておきますが「運動」。

 

いつもの歩く動作とは別のものと区別したほうが良いでしょう。

 

ダイエット目的でなくO脚改善が目的なら、足の裏全部で着地する習性を付けましょう。

 

整体やマッサージで関節を通例の位置に戻してもらう

わりと骨盤の歪みは独力で改善するのは容易にはいかないもの。

 

水準を満たすまではエキスパートの手を借りて関節を治してもらうのも一つの手段です。

 

カイロプラクティックや整体は骨(特に背骨)を優先するため、骨盤矯正はお手のもの。

 

即骨盤の歪みを改善できるとまではいきませんが、かなり高い成果が上がる事もあります。

 

ただし、毎日の暮らしの習性や体の使い方で骨盤は改善もし、悪化もします。

 

骨盤底筋を鍛えるなど、水準を満たすまでは自力で努力しなければ一時しのぎで終わってしまいます。

 

整体やマッサージは、断っておきますが「目指す形の状況を体で体感する体験」であり、補助的なものと考慮したほうが無難でしょう。

 

けれども、体感可能なため自力でストレッチをしてもゴールが見えやすく、自分でのトレーニングのパフォーマンスが上がり、鍛える事ができます。

 

長い事例は1年以上通い続けることもありますが、カイロ(マッサージ)とストレッチを両輪にすると、なお高い影響が望めます。

 

座り方に気を遣う(正座)

骨盤をゆがめる悪癖は「座り方の悪さ」。

 

斜め座り、足を組むなどはやりがちですが、それらは骨盤を歪めるきっかけのトップ3に入る暮らしの悪い習性です。

 

そもそも、斜めに座って心地よい状況は骨盤が歪んでいる証拠。

 

正しい姿勢を保てないほど筋力がないか、疲れている様子と言えます。

 

骨盤底筋を意識し、正しい歩行をするだけでも、筋肉は程よく鍛えられます。

 

最初にこの2つを遂行しましょう。

 

骨盤を最も維持する座り方は正座です。

 

昔は「日本人は正座ばかりしているからO脚が多い」などと言われていましたが、座敷から椅子に座る暮らしに変わってもO脚が減る気配はないのです。

 

正座とO脚にはなんの因果関連もない事は明らかです。

 

かつてO脚が多かったのは、幼少期から重い荷物を運んでいた、畳に座っていたご時世から脚を崩して座る人が多かったからと推測します。

 

正しい正座の姿勢は、かかとに座骨を充分に下ろします。

 

両足をそろえて座り、鼻からお腹へのラインが一直線になる事を意識しましょう。

 

慣れないと長時間座る事はできないので、苦痛のない範囲で行いましょう。

 

内股、背筋、腰など諸々な筋肉に刺激を与えます。

 

内ももを鍛える

内ももには、内転筋という大事な筋肉があります。

 

内股と内ももを繋ぐ筋肉で、脚を内側に引き寄せる力を生み出します。

 

相当普段鍛える動作がなく、衰えてしまいがちな筋肉でもあります。

 

ここを鍛えるとO脚改善だけでなく、ぽっこりお腹を凹まし、血行促進、冷えの改善、太ももがスリムになるなど、健康でも美容でも良い影響が見込みできます。

 

ストレッチボールがあるなら、あおむけに寝ころんで両足でボールを抱えて上下に動かすと、内ももが鍛えられます。

 

椅子に座った様子でも内転筋は鍛えられます。

 

できるだけ180度を目指して開脚し、ひざを90度に曲げて、ひざに手を置きます。

 

左右どっちかの肩を内側に入れ、上半身をひねります。

 

この様子を30秒ほど持続したら、逆方向に行います。

 

内ももに響けば、正しいストレッチになります。

 

床に座ったステータスでも行えます。

 

あぐらをかき、両足の足の裏を組み合わせます。

 

両手で足を支え、ひざを床に付けるように上下に30秒ほどゆすります。

 

できるだけ脚の力は抜いて、よけいな力が入らないようにしましょう。

 


>>成長期が過ぎても身長を伸ばす手段はコチラ